FM-16β [コメントする]

FM-16β


スレッド作成 : βさん
 (1998/9/30 17:48:55 -
E-Mail)

 私が最初に購入したのは中学1年時のFM16βでした。最初はFM77AVを購入する予定だったのですが、結局自分はbasicしか出来ないと思い、それならbasicでも処理の早い16ビット機を買ってしまえと思いました。値段もたしかAVよりも安かったのです。(中古)
 さすがにそれまでの8ビット機よりは格段にスピードが早く、400ラインの表示の美しさにうっとりしましたが、ソフトが無いのは寂しかったです。その分ゲーム小僧にはならず、basicでかなりたくさんプログラムを書きました。
 その後、メモリーの増設に10万円もかかる事が判明したので、98Fにパワーダウンして、買い換えました。6万で買い取られたβが翌週5万で店頭に並んでいるのには背筋の寒くなる思いでした。
 98Fは2DDドライブながらワープロとして長きに渡って(最近まで)活躍しました。


FM−Rなら

風来坊 さんのコメント
 (1999/3/18 19:01:10)

うちの職場に一時期ゴロゴロあったよ。
ミニコンがF社製で、その端末代わりに使われてた。あれはAT互換機ではないんだよね。前にJUNET(古い!)で拾ったDOS/V用のフリーソフトが動くかと思って試したらうごいちゃったけど・・・


半年前まで使ってた

いーないーな さんのコメント
 (1999/3/19 09:07:52 -
E-Mail)

去年の9月まで某研究所にて使用していました。Win3.1とOS2乗っけて携帯端末の開発につかってました。Win3.1やDosなどを使用している分には画面上で違和感はそんなにありませんでした。が、キーボードがーっっっつ!!!最初の1ヶ月はつらかったです(それでも慣れるとDOSVより使い勝手がよかった。おもえば、98からDOSVに移行したときも相当つらかったなぁ)。


やったー

β さんのコメント
 (1999/3/19 14:03:48)

 スレッドを作って半年ぶりに書き込みを発見!!
何で「はるみ・・・」のスレッドなどに追い抜かれる
のだぁ。天下の富士通の主力だったのに!!
と思っていました。


16βの思い出

ZAIN さんのコメント
 (1999/8/22 03:58:59 -
E-Mail)

半年ほど前まで16βFD兇鮖っていました。
高校生のとき学校が処分するというのでモニターと
セットでもらいました。
テトリスでよく遊びましたが結局引越しとともに処分しました。
有る日分解したらCPUが載っているボードにジャンパ線が大量に載っていてなんともいやはやと思いましたが、その後同社のサーバー(486)を分解したらこれまたCPUボードにジャンパ線が大量に・・・・
今となっては良い思い出ですが。


16β

ごんちゃん さんのコメント
 (1999/8/22 04:07:39)

FMって、セブンやイレブンなんて英語なのに、
これだけ「いちろくべーた」って言うんですよね?
たしか


さすがに

ALCYONE さんのコメント
 (1999/8/23 01:25:02)

さすがに
「しっくすてぃ〜ん」
はねぇ。


うーん

ZAIN さんのコメント
 (1999/8/23 05:40:46 -
E-Mail)

うーん、高校の先生とかも「いちろくべーた」とか言っていたような。
でもメーカーに言わせりゃ正式な呼び方とかあるんじゃないのかなFACOMみたいに。


βって表現は今は良くないね

おにすけ さんのコメント
 (2000/1/7 01:00:03)

富士通の人間が「いちろくべーた」って言ってたから
「いちろくべーた」でいいんでしょう。
私もCP/Mのために使ってましたが。
ある時からMS−DOSマシンに変身したため
C言語を使って小物ばかり作ってた覚えが・・・。

今でも会社にありますが、使う必要があるので処分できないんですわ(^^;

今、βっていうと未完成とかサンプルってイメージがあるな。


osg さんのコメント
 (2000/2/7 07:23:31 -
Web)

富士通の名機ですね。

確か、森本毅郎さんが広告に出ていたような想い出があります。(そんでIBM-JXには森進一(^^;。シブイ)


16βが発売された時期は、富士通ではビジネス系パソコン(オフコン?)としては9450が売れまくっており、ドル箱の9450を潰しかねない、安価な16βは、当時の富士通営業の間では敬遠されていたそうな。(噂)

当然、コンシューマ向けには価格が高すぎたし。。。
居場所が無かったわけですね。

また、IBM-PCが採用して以来、すっかりメジャーとなったMS-DOSを採用せず、敢えてCP/Mを搭載しちゃったもので(これはDOSを採用したNへの対抗心からなのだろうか?)、サードパーティがソフトを作ってくれず。。。

やっとソフトを作ってくれそうだったのに、中途半端な時期にMS-DOSに乗換えるし。。。(そりゃ総スカンくらうわ)


で、結局、扱いに困った富士通は、FM-16βを潰してFMRを新規に起こし、そして、FMRには9450も統合してしまいました。

悲しいですなぁ。価格だって、スペックだって、PC98に負けないくらい良いマシンだったのに。。。なんか悪者にされちゃったよね。。。


しばしば「リサ(アップル)」や「PC-100(日電)」が、不幸なマシンとして挙げられますが、私的にはこのFM-16βが史上最高(?)の不幸マシンなのではないかと考えたりします。


あ、ユーザの方は気分を悪くなさらないでくださいね(^^;
これは単に私の考察なので。


デスクパワー 16βの影響

β さんのコメント
 (2000/2/8 13:50:47)

 考えてみれば、16βやFM−Rのおかげで、富士通はAXとかに振り回されず、その分のエネルギーがデスクパワーシリーズで爆発したのでしょう・・・・
 今の富士通があるための人身御供だったのね。


Re:デスクパワー 16βの影響

osg さんのコメント
 (2000/2/10 06:29:00 -
Web)

ある意味、人身御供というのは正解ですよね(^^;

企業内の確執と時代に翻弄された、健気なマシンでした。

性能もコストも良い子だったのに。。。
運が悪かったとしか言いようが無い。。。のか?


サブCPUあり?

KERA さんのコメント
 (2001/11/27 13:00:04)

かすかな記憶でFM-16βも2CPU構成だったと思うのですが、本当のところはどうでしょうか?教えてください。

発売当時のOh!FMを見て、ハドソンのゴルフ(マリオのやつ)とかゲームが数タイトルが用意されているのを見て、富士通は本気かもと(不覚にも)思いました。


16βですか・・・

ちゃぶ さんのコメント
 (2002/06/21 23:55:08 -
E-Mail)

KERAさん>かすかな記憶でFM-16βも2CPU構成だったと思うのですが(以下略)

かすかな記憶ですが,FM77系統と同じく,メインCPUは802861個で,キーボードにもう一個載っていたような・・・.

FM16βは高校の部活で使ってました.(沖のif800とかもあたなぁ)
F-BASICのバージョンが高い奴では
 KOKUGO ON[Return]
と打つと,BASICの命令・関数が日本語で表示されるというとんでもないものでしたよ.例えば
 A$=RIGHT$(B$,3)
は,
 A$=右側$(B$,3)
ってなふうに表示されるんですよ.入力や実行はどっちでもできました.LIST表示だけです.

あと,同時期にハンドヘルド(ラップトップ?)でFM16π(パイ)って言うのもありましたね.


サブCPUあり

タイムトラベラー さんのコメント
 (2002/09/16 16:13:50)

FM-16βのCPU構成ですが、FD/HD/SD/FD/HD気任蓮
 メインCPU:i80186(8MHz)
  サブ CPU:MBL68B09E(2MHz)
となっています。既に286が出回っていましたから、186マシンというのは、
世界的に見ても珍しかったのではないかと思います。
98の8086-2に対抗するには186でよい、という判断があったのでしょうか。

サブCPUは、FM-11と同じく画面プロセッサとして装備され、VRAMのビット
イメージをCRTに出力するCRTCとの同期(サイクルスチール)のために
外部クロック入力タイプの09Eを使っています。
メインCPUが6809だったFM-11と違い、VRAMもメインCPUのアドレス空間で
ダイレクトにアクセスできるようになって、そのほうが速かったため、
画面操作を多用するソフトでは却ってサブCPUは使われなかったと思います。
グラフィックについてはこのほかに、直線や矩形、ペイントを高速に
表示するための直線補間と論理演算のLSIが搭載されていました。

キーボードについては、スキャン/エンコーダ用の専用チップを設けるのは当時
既に当たり前の構成で、CPUというよりはコントローラという位置づけでした。

続くFD/HD兇任蓮▲瓮ぅCPUが80286((MHz)にグレードアップし、
コプロセッサ(i80287)も搭載されています。(FD/HD気i8087搭載)

なお16πは、富士通初のラップトップで、CPUにMBL8086L(5MHz)という
低消費電力版8086(80C86コンパチ)を採用し、サブCPUはありませんでした。
ディスプレイが640×200ドット階調なしのLCDで、VRAMは16KBしかありません
でしたから、サブCPUを載せるメリットも無かったのでしょう。


FM-16B かぁ

KT さんのコメント
 (2003/08/29 01:49:42)

私は、中学生のときにコンピュータ部で使っていました。
最近 FM-16BFD2 を手に入れたので、当時の(15〜16年位前?(笑))
ディスクを起動してみると、見事動作しました(嬉)
当時の BASIC プログラムが蘇りました。
すごく、懐かしかった。
なんとかして、画面イメージを取りたいんですけど、
VRAM の、アドレスってどこなんでしょうか?
PC-98 みたいに、BSAVE とかで、直接ディスクに
セーブできるもんでしょうか・・?
PEEK で読めるだけでも良いです。
もし、分かる方がいらっしゃったら教えてください。


さすがに

KT さんのコメント
 (2003/11/19 02:15:13)

今さら FM-16B の話しても分かる人はいないのかなぁ。
なんとか、当時作ったゲームの画面だけでもと
思ったんですが・・・・。
今度、RS-232C で頑張ってみます。
もし RS-232C の使い方が分かる方がいたら
教えていただけると助かります。


コメントする


なまえメール
WWW
タイトル
コメント
参考
リンク
ページ名
URL


[HOME] [TOP] [HELP] [FIND]

Mie-BBS v2.14 by Saiey