BPS [コメントする]

BPS


スレッド作成 : takoさん
 (1998/6/6 15:03:53)

こんにちは。たしか会社名がBPSだったと思います。
RPGで「ザ・ブラックオニキス」「ザ・ファイヤークリスタル」「ザ・ムーンストーン」の情報や思い出を教えてください。


オラクルに会いたい.....

tako さんのコメント
 (1998/6/6 15:18:51)

この辺のゲーム知ってるでしょうか?15年くらい前でしょうか、このRPGがあったのは。小学生の私はFM-NEW7で狂った様にやっていました。基礎レベルの高いバーバリアンを探してパーティーを組む事に命をかけていたと思います。ファイヤークリスタルは、とうとう解くことが出来ませんでした。電波新聞社から出た「ALL ABOUT RPG」をもってしてもだめでした。ところで、今でも気になってしょうがないことがあるのですが、「ザ ムーンストーン」は、発売されたのでしょうか。


ブラックオニキス3部作

あきよし さんのコメント
 (1998/6/6 19:51:57)

私は Black Onyx を MSX のみで遊んだのみですが、結構面白かった覚えがあります。
難しすぎて(というか、かったるくて)最後まで行かなかったけど (^^;

ムーンストーンは発売中止がアナウンスされた、という話を聞いた事があります。
あまり大々的には発表されませんけどね :-)


ところで、半角カタカナは UNIX を使っている方の一部が読めない場合があります。
使わないようにしましょう。

#上の分は、直してあげてください>Saiey さん


BPS について

あきよし さんのコメント
 (1998/6/6 19:57:18)

この名前が

Bullet Proof Softwear

の略であると知っている人はどの程度いるのでしょう。
「弾にも負けないソフト」程度の意味ですが(防弾ソフトと訳すと、なにがなんだかわからない)、今まで聞いた中では一番恰好良いソフト会社名ではないかと思っています。

で、この会社、その後「TETRIS」を日本のパソコンに移植して大ヒットを飛ばし、Photoshop の有名プラグインである「Kai Powertools」の日本語版を発売し・・・
それいらい、ほとんどビジネス系の会社になってしまいました。

今でもゲームを作っていないわけではないのですが・・・
まだテトリスの呪縛から逃げられないらしい (^^;


半角カタカナ

Saiey さんのコメント
 (1998/6/7 11:02:13)

直しました。

ブラックオニキスは・・・なにしていいのかまーったくわからずにやめちゃいました。(^^;

テトリスの呪縛・・・なんかコンパイルに対するぷよぷよみたいですね。どーしても1つ大ヒットしちゃうと、保守的になってそればっかりやっちゃうんですねー。いかにも日本人。

といってもBPSの場合は、いいソフトを移植したってだけか。(^^;


BPSといったら

ma3 さんのコメント
 (1998/6/11 23:21:43)

誰がなんといおうとも私的にはM.U.L.E.です。
ワンキーでできる対戦SLG。BGMが好きなんですよね。

#BPSテトリスと言うと、何て喋っているかが気になります(^^;)


MULE も BPS でしたっけ?

あきよし さんのコメント
 (1998/6/15 11:06:52)

うむ。確かにそんな気がする。僕も好きです。

まぁ、ワンキーでは無いですね (^^;
知らない人のためにも、ゲーム内容をおさらいしておきましょう。

まず、MULE は、惑星を開拓するゲームです。4人まで同時に遊ぶ事ができます。
惑星の土地は桝目で区切られ(9x9 かな?)、その中央に「街」があります。


最初、惑星には街以外のものがありません。ここに、プレイヤーたちが農場などを作って惑星を開拓するのです。最終的に一番お金を持っている人が勝ちになります。


ゲームは以下の順序で行われます。

・自分の土地をとる。
 左上から横方向に、右下までカーソルが動いていきます。欲しい土地にカーソルが重なったら、ボタンを押します。
 同じ土地を複数人数が取ろうとした場合、よりお金が無い人間が取得できます。同金額の場合は、一瞬でも早くボタンを押したほうです。

・開拓をする
 街で労働力となる「MULE」ロボットを買い、自分が行いたい事をできるように改造を施し、土地に置いてきます。
 また、土地にいるミュールを街に連れ戻し、改造する事もできます。(土地の使用方法の変更にあたる)

 また、地質調査(その土地で宝石が取れるかどうかの調査)も可能です。
 制限時間内と金額の範囲で、いくらでも行動できます。
 時間が余れば、狩りをしてお金を増やす事もできます。

・生産
 それぞれの土地で、生産が行われます。プレイヤーは見守る事しかできません。
 生産されるのは、MULE の種類に応じて、食料・エネルギー・鉄鉱石・宝石のいずれかです。

 時により、自然災害が起こります。これによって、生産高が大きく変動する事もあります。

・売買

 一定時間内で、生産したものを売買します。売買は、品物ごとに合計4回行われます。
 プレイヤーは、まず「売り」か「買い」かを決めて売買に参加します。

 その後、プレイヤーはキャラクターを上下に動かし、値段を決めます。上に上げれば高値で、下なら低値で取り引きをするという事です。
 売り手と買い手が同じ値段で折り合えば、売買が行われます。

 惑星には「店」もあり、売るときにはこの店が最低額を保証してくれます。しかし、この値段もまた、店の在庫により変動します。
 買うときには、やはり店が最高額を保証する・・・と言いたいところですが、店に在庫が無いときは持っているプレイヤーの言い値となってしまいます。


以上を1ヶ月として、12ヶ月でゲームは終了します。
ゲーム終了で、一番お金を持っているプレイヤーは表彰され、惑星全体での総生産高によって惑星の評価がなされます。

実は、この惑星の評価が低いと、表彰の言葉も嬉しくないものだったりするため、プレイヤーは相手に勝つと同時に、惑星の評価も上げなくてはならないのです。


MULE の面白さ

あきよし さんのコメント
 (1998/6/15 11:24:24)

長くなるので、ルールとゲームのノウハウを分けて書きます。

MULE の面白さというのは、この単純なゲームが、非常に面白い経済効果をしっかりとシミュレートしている事です。

まず、生産を行うときは、土地により向き・不向きがあります。向いていない土地での生産は、悲しい結果となる事が多いです。

しかし、多少向いていないくらいなら、隣の土地と同じ物を生産したほうが良い、という特徴もあります。
大規模経営は、コスト削減になり経済的に優位なのです。宝石の採掘ですら、鉱脈はつながっているという特徴があるため、この法則を適用できます。
(もちろん、鉱脈を外れてしまうと生産高0になりますが)

自分を優位に立たせ、相手の土地を分断する土地の取り方が、このゲームのキーとなります。
(ルールで言い忘れましたが、土地も売る事ができます)
(ここら辺は、「土地を続けて取ればホテルを建てられる」という、モノポリーに通ずるものがあります)


つぎに、ものの「値段」の面白さです。
ゲーム中、一番高価なのは宝石だという事になっています。しかし、だからといってみんなが宝石を生産し始めると、バブル経済が起こって惑星の評価が落ちるのです。

ゲーム中、食料は人間の行動時間、エネルギーは生産に必要なものとなっています。
そのため、これらを持たないプレイヤーはそのターンでほとんど行動できません。みんなが宝石を作っていては、共倒れなのです。
かといって、一人が作っていれば良いというものではありません。それは独占企業であり、値段が高くなってしまいます。

特に面白いのは鉄鉱石です。
鉄鉱石は非常に安いので生産してもあまり得はないのですが、実は MULE は鉄鉱石によって作られるのです。

鉄鉱石が店に渡れば、MULE を生産してくれます。しかし、鉄鉱石が無ければ労働力である MULE が無くなり、土地をあまらせてしまう事になります。
この時、MULE の値段は急沸し、店の鉄鉱石の買い取り値も高くなります。

じつは、これを狙って MULE を買い占める事ができます。
自分の土地以外に離された MULE は逃げてしまうため、街で MULE を買っては逃がす、ということを行えば、多少の損はありますが、次のターンで鉄鉱石によってそれ以上の利益を得られるのです。
(もちろん、自分が鉄鉱石の独占企業だとしての話です)


このように、MULE は単純でありながら非常に奥の深いゲームです。

うーむ、せっかく4人分の端子があるのだから、NINTENDO64 に移植希望 (^^;


なんでー

笹井シンヤ さんのコメント
 (1998/6/15 16:04:36)

4人分の端子だったら、ドリキャスにもあるぢゃないですか(^^;


MULE

ma3 さんのコメント
 (1998/6/17 22:35:34)

シンプルなゲームなのに、長々と説明しても(^^;)>あきよしさん

プレイしたときは中学生だったから、そこまで深く考えなかったんですけどね。

正確には「独りあたりワンキー」でしたっけ?うろ覚えなんですが。

「操作がシンプル」ってのと「結果が視覚的に非常にわかりやすい」のがMULEの特徴だったと思います。
取り引きの時のせめぎあいをするところや、結果発表するときにランク順にプレイヤーキャラクターが画面外から歩いてくるとか、そういうところが印象的でした。

あと、単純なだけに、対戦してもプレイ時間が割と短かったですね。


Bオニ

tokoro さんのコメント
 (1998/7/9 20:53:15)

私はX1版、PC-6001mk2版、MSX版を遊びました。プレイするなら速いマシンがいいですね。
速度の差が如実に表れるのが、コウモリ?が現れる場面。数が20匹近く出現すると、PC-6001mk2版は落ちたかと思っちゃいます。
結局クリアできたのはX1版のみですけど。
地下6階の迷路クリアに2年(ブランクあり)かかりました(笑)。


続編

tokoro さんのコメント
 (1998/7/9 20:58:38)

結局ファイアークリスタルは、88版と98版しか出なかったのでしょうか?今も無性にやりたくなるときがあるんですけ。知人もいまだに探しています。
どこかに売ってませんか?


MULE一番

(株)長堀商店 さんのコメント
 (1998/11/23 12:16:07)

BPSのソフトの中で一番と思われるものは、「MULE」だと思っています。BPSの社員がみてたら、ぜひ、Win版に移植してもらいたいです。(手をくわえなくていいからね!)
なぜかというと、ショートシュミレーション(ゲーム時間が、短いシュミレーションのことをいってます!)では、これ以上おもしろいものがでないからです。やり方は、あきよしさんのコメントからわかると思います。(あきよしさん、ありがとう。また、「MULE」をやったことがあるひとがいらっしゃるとは、思いもしませんでした。かさねて、ありがとうございます。)もし、やったことがない人がいたら、やってみて下さい。(手にはいらないって!)
それから、「BPS」、いい加減に「テトリス」の呪縛からとけろよな!


BPS の M・U・L・E

[たけ] さんのコメント
 (1998/11/24 00:32:31 -
E-Mail)

M・U・L・E って、BPSがオリジナルなのでしたっけ?
ATARI800 にもあるので、BPSは移植だと思ってましたが。
ATARI版はブローダーバンドじゃなかったかな?


ブラオニ・ファイクリ

アルテミア さんのコメント
 (1999/1/28 17:11:38 -
E-Mail)

懐かしい名前をありがとうございます。

当時私はX1で両方ともクリアしました。
ブラックオニキスの時は、先着100人という事で、
本物の宝石のブラックオニキスをBPSさんからもらいました。今でも手元にあります。
ファイヤークリスタルの時も、先着100名に入って
もらえるはず(電話で確認したんです)だったのですが、未だに届かないです。

この当時は良いゲームがたくさんありましたね。
私はファンタジアンが好きでした。

             アルテミアでした。


続けてですみません。

アルテミア さんのコメント
 (1999/1/28 17:19:56 -
E-Mail)

このシリーズL&Lシリーズという名前が付いていました。
といっても、かなり後(ファイクリ発売後)についたのですが。
綴りは忘れてしまったのですが、秘宝と探索シリーズという日本語訳でした。

自宅に帰ると、まだ、ムーンストーンの開発画面の資料なんかがあると思うのですが・・・

  そのうちまたお邪魔します。アルテミアでした。


ブラックオニキスP6mk2版

Hashi さんのコメント
 (1999/1/31 01:05:23 -
E-Mail Web)

はじめまして。
私のホームページにP6エミュでのブラオニを
クリアまでグラフィックと共に載せてます。
よかったら見に来てください。


初めて書き込みします

クーロン黒沢 さんのコメント
 (1999/3/19 13:32:54 -
E-Mail Web)

いま、秋葉原の一部で販売されている月刊電脳亜細亜という小冊子に「マニア暗黒時代」という連載をしていて、
ここのページも参考にさせてもらってます。僕もP6から入ったクチなので、ここの書き込みは目から鱗です。
MULEですが、僕も最初はBPSの88版でプレイしました。デーデデデッデデデデデ、デーデデデっというテーマソングを今でも思い出します。
たけさんが書いているように、MULEのオリジナルはアタリ800です。いま僕はカンボジアに住んでいて、
コレクションは全て日本なのでアレですが、アタリ800にはズバリ、ジョイスティック端子が4つあったので、それを生かしたソフトでしたね。
発売はブロダーバンドだかエレクトロニック・アーツだったか忘れましたが、開発したのはハワイにあるソフトハウス(名前わすれた)で、
これはbeepの連載で桃園さんがふれてました。BPSはこれ以外にもアーコンとか、いいソフトを沢山移植してくれてましたね。アーコンの88版はちょっと悲しいできでしたが、当時としては合格でした。
そのあと、アミーガでアーコンの続編がでましたが、こちらもなかなか面白かったです。


ブラック・オニキス

TANGO さんのコメント
 (1999/11/18 02:09:09 -
E-Mail Web)

初書き込みです。こんにちは。
ブラック・オニキスはFM-7で遊びました。なかなか出なかったので他機種ユーザーがうらやましかったです。
今はMac使っているので、リバイバル版でも出ないかな?と思ってます。
で、ゲームボーイでのリバイバルはアナウンスされてますね。PSの話も当初あったようですが、今は聞こえてきません。
ヘンク社長がアメリカに作ったBluePlanetSoftwareでもなにやらブラック・オニキスを作ってるとWebで宣伝してるんですが、これがPS版なのかな?昔のとはぜんぜん違うけど、なんとなくセンスが似てます。MacとWindowsで出せばいいのにね。


米国BPSっす

TANGO さんのコメント
 (1999/11/18 02:13:29 -
E-Mail Web)

そうそう、これが米国のBPSです。

ところで、ムーン・ストーン、ログインに載っていた開発中の画面はきれいでしたね。キャラクターデザインが日本向けじゃないとかで作り直していたことまでは知ってるんですが。でもあれそのままで十分いけたデザインだったよなあ。惜しい。MACWORLD ExpoのBPSブースでは、今でも「ムーンストーン出ないんですか?」という質問を社員が受けるそうです(笑)

米国BPS


Win版ブラオニ

ALCYONE さんのコメント
 (1999/11/18 23:42:06)

http://www.freepage.total.co.jp/sukisuki/
上記のアドレスには移植されたWin版のブラオニが
有りますよ。


Beast Orb

TANGO さんのコメント
 (1999/11/19 01:46:37 -
E-Mail Web)

さっそく拝見しましたぁ。わはは、そっくりですね。地上のマップなんか一緒だし(笑)


ミュールの操作方法

尾崎貞夫 さんのコメント
 (1999/12/30 16:46:44 -
E-Mail Web)

pc88版における4人プレイ時の
キー配置がわかりません。

マニュアルを紛失してしまったもので……

もしご存じの方がいましたらお願いします


mule

mule さんのコメント
 (2002/11/09 14:10:42)

muleって?


めちゃ似ている

mule さんのコメント
 (2002/11/09 14:12:28)

muleに似ているソフトを見つけました。
ネットワーク対戦になっています!!

http://www.c-egg.com/


ザ・ファイヤー・クリスタル攻略の道のり

ターザン さんのコメント
 (2006/02/06 14:40:13)

引越しして、久々に部屋の整理したら、ザ・ブラック・オニキス&ザ・ファイヤー・クリスタルを発見!

PC88版起動したら、まだ動きました。勢い余って、久々に(実に20年ぶり!)二本連続プレイしました。

やっぱ、当時のRPGは、今と違って、各メーカーで独自の画面構成してるから、ある意味斬新だね〜。

ブラックタワーは、目前なのに、地下6階まで降りないと、登れないし。(地上でブラックタワーに穴開ければ簡単に入れるのに、と思う反面、入れたら、入れたで、ジャイアントのクリティカルヒット地獄で話にならないだろうな〜レベルマックスでもジャイアントの一撃で殺されるし)
当時、キャラクターをいじれるプログラムが公開されていたよーな気がするが、21世紀になっては、過去の遺物。。地道にクリアしました。
(ホントにゲームバランスが悪いとゆーか、厳しい現実をつきつけられる現代を象徴しているとゆーか、とにかくシビアなゲームですな。。)

顔や、ヘアスタイル、洋服を選べるのが面白い。
ウツロの街で、ゾンビやウルフが時々出現するが、地上でも、もう少し、バトルできれば尚、良かったのにな〜。(バーズテールみたいに)
なつかしの井戸に飛び込むと、やっぱり居ましたクラーケン!!ホントに強い。。で、全滅。。。

気を取り直し、ひたすらキャラクターをランダムなので、最高値で作成した状態で、3名で、パーティを作る。

地下1Fで鍛え上げてから、(例のいきどまり墓地ですね)廃墟に入って、ひたすら修行。
地下で見つけたパーティに少しずつ鞍替えして、
バーバリアンを地下4Fで、発見!
二人とのも味方についてくれてラッキー!
噂では、オークも味方にできるとか、いっとき云われたが、何回トークしても、オークはダメだった。

クラーケンをよーやく倒せる様になって、地下5Fを探索。今思えば、もう少し、この辺りからストーリー的要素あっても良かったのではと思うのは、いけないだろうか?(ファンタジアン程度のアイテム集めでもよいからあればあったで、中盤アキがこないかも)
いよいよ地下6Fに降りて旧世紀の名言「イロイッカイズツ」にチャレンジ。
バカデカいアリンコや、防御力が堅すぎのトロール相手に充分経験値を上げる。
魔法のマントを重ね着して、防御力をアップしながら
イロ迷宮をクリアすると、ブラックタワーにいよいよ突入。ひたすら階段を上がってゆくと。。。
天上界!久々に体験したけど、やっぱキツイですな〜。
ジャイアントやミノタウロスの攻撃がハンパじゃない!
この頃には、レベルアップはもうできないし、ホントにゲームバランスが悪い!(あえて、そうしているのか、逆に燃え上がるかも)
ひたすら天上界をさまよい、ジャイアントから逃げに逃げまくり、、、ついにブラックオニキスを発見!!!
クリアすると、、、なんとアっけないエンディングでしょう。。レベルがちょこっと上がって、天上界でそのまま置き去り。なんも変わらず、ひたすら地上に降りる出口を探している間も、ジャイアントのこん棒に襲われる!
(せめて、ブラックオニキスを発見したら、こいつら出現しなくしてくれよな〜)
レイスは特に最悪!攻撃されると、ヒットポイントを根こそぎ持ってかれる。(当然攻撃されたら、セーブしているところから、やり直し。ホントにシビアなゲームだこと!)
そして、パーティは地上に戻る。
(今風だったら、きっと、呪われたウツロの街の上空は、星空から、晴天になるのだろうな〜)
そして、パーティは誰からも祝福されず、(ウツロの街って王様いないんだね)誰にも、気にもとめられず、次の戦地、呪われた寺院に向かうのであった。。。

-------------------------------------------------

。。。と、まぁ、「ブラックオニキス」は、それなりに大変だったが、(夢幻の心臓気筺▲◆璽スロードに比べれば楽かも)
「ファイヤークリスタル」の冒険を考えたら、この程度、序の口の序章であった。。。

。。。老朽した寺院(想像)の扉を開けると、そこには、見た事も無い魔物が、、、と、云うか、グレムリンはすぐ逃げる。。
ここは、寺院の地上1Fだろうか。。
魔法のマントで透明化していたキャラクターは、青タバードに変化し、(これって、かなり防御力アップするかと期待したが、ぜんぜん変わらないよーな。。。)
突如、「泉」を発見。体力回復にはもってこいだが、せめて地下に一箇所ずつ配置してほしかった。。。各階に泉があれば、少しはゲームバランスよくなったであろうに。。。

そして、オラクルと面会。魔法使いをパーティに加え、パワーアップ!。。。と、云いたいが、なぜ、、なぜ、、こんなにも弱い!!??
魔法の脆弱なこと!脆弱なこと!

おまけに落とし穴に落ちるとマックラ!!
「目」は、強いし、ランタンで明るくすると、「目」の本来の姿の魔物が登場。

やっぱ強い、強すぎる。K1顔負けのやつらがわんさか徘徊している。
ナメクジなんかには、ファイヤーとか効き目ありそうーだが、全然ダメージを与えられない。
雷もイマイチ(当初、魔法のグラフィックはビジュアル的に斬新だったが、やっぱり効き目が薄すぎる。)
ファイヤークリスタルの輝きが戻るまで、魔法が使えないから、ぐるぐる足踏みしても、やっぱ、魔物は出現してしまう。
そして、敵を倒さないと、経験値が入らないのもキツイな〜。(ブラックオニキスでは、誰でもいいからパーティの誰かが敵を倒せば、全員に経験値が入ったが、このあたりは、かなりシビア)

比較的パーティの中でも強いバーバリアンに攻撃させ、虫の息になったところで、魔法使いの脆弱な魔法で退治して、経験値をアップする。
そんなんを繰り返しながら、ひたすら、地下へとおりてゆく。
。。。象さん、アンタ、マグマの魔法使ってもビグともしないのはナゼ?
ドッペルゲンガーは、特にサイアク。自分と同じヒットポイント(ライフ)と、攻撃力、防御力もってるから強いのなんのって、「運」が左右する。

と、いうか、このレベルになると、ヒットポイントがマックスな化け物がウヨウヨでてくる。
闇に堕ちた魔法使い、呪われた僧侶のマジックアタックは、自分のファイヤークリスタルの非力さを思いしらされる。
逃げろ逃げろで、「運」もあるけど、一行は、最下階にたどり着く。(魔界なのだろうか。。。)
「ケイマトビ」は「イロイッカイズツ」みたいに有名な言葉にはならなかったが、ホントにキツイ。。。

何回も桂馬飛びジャンプして、クリスタルの輝きが無くなると、ひたすら耐えて待つ。待つ。待つ。
が、「ナニカチカヅイテキタ」で、、、おいおい、
ドラゴン、バルログ(悪魔)かいな。。。

脆弱なパーティに頼れる魔法は、焼け石に水。。
何度も、もうやめよー、やってらっか!
てな、感じで、挫折しそうになったが、ここは、我慢に我慢。。「運」もあるんだよねー。
ケイマトビをクリアしたら、あとは、アストラルでひたすら上へ上へとあがってゆくと。。。ついにエンディング(ここらは、ブラックオニキスの地下6階からブラックタワーへ登ってゆく感覚。。まさに地獄からの帰還ってな感じですね〜)
--------------------------------------------------
ウツロの街では相変わらず誰にも祝福されないパーティの一行があった。
そして、永久に開かれない「アウトドア」と「アリーナ」の門が硬く閉ざされているのであった。。。

「ザ・ムーン・ストーン」の復帰はないだろうか?
「アリーナ」編なんて、夢のまた夢だな。。


はじめまして

Jester さんのコメント
 (2007/09/20 19:50:50)

昔BPSにいました。ムーンストーンですが作っていたんですが何度もぽしゃりました。
私はx1とx68kとfmrのテトリスを作りました。
x68kのDefender of the Crownを作っていましたが途中で会社を辞めました。


コメントする


なまえメール
WWW
タイトル
コメント
参考
リンク
ページ名
URL


[HOME] [TOP] [HELP] [FIND]

Mie-BBS v2.14 by Saiey