MZシリーズ (1) (2) (3) [コメントする]

MZシリーズ (2)」からの続き。


MZシリーズ (3)


MZ-1200のサイクルスチール

Super俺 さんのコメント
 (2002/06/10 19:20:14)

MZ−1200のサイクルスチールの効果を確かめるには$0000〜$0FFFを$C000からへ転送しメモリスワップ。V−BLANKチェックを無効にする為、$0DA6に$C9にする。そして画面スクロール時に画面を消さないようにする為に$0E36に$3Aを書き込むか3バイト分00を書き込む。

BASICでリストを取ったりオートリピート機能POKE$3D25、00を実行すれば効果が確認できる。


MZ-80Aその2

Super俺 さんのコメント
 (2002/06/11 12:17:23)

MZ−80Aの基板写真の大きいのがあるのがわかりました。1600x1300です。それを見て新たに判明したことがあります。

34ピンのランド部分にコネクタがついていました。しかし後からつけたのかはわかりません。

IC43は基板に(USER)と書かれていたので後からつけもようです。2716でないらしくジャンパーが飛ばしてありました。

IC22、IC27、IC33にはTTLが載っていました。ちょうどそこら辺りが光っていたので刻印が良く読めません。IC22は74LS27x、IC27、IC33は74LS2xxに見えるかも知れません。

IC42には74LS00が挿さっていました。やはりその周辺の基板パターンはMZ−1200と違っています。8255へ行っているようです。しかし、MZ−1200と比べれば単なるパッチのようです。

一部違う部品が載せられていました。CRTCのIC31です。MZ−1200はMB14048ですがMZ−80AはMB14299です。付近のパターンはMZ−1200と違いがないので互換品と思われます。もしかするとこれじゃないとIC22、IC27、IC33は入れても無意味なのかも知れません。その他の刻印が見えるものについてはMZ−1200と違いありません。

部品の年式は殆どが81xxとなっています。これは僕のMZ−1200が82xxなので、MZ−80Aの日本版がMZ−1200と思われます。

インヒビット端子のランドはついていました。

どこかのサイトにMZ−80AのCPUはZ−80Aと記載されていましたがLH0080つまりZ−80でした。

RAM(機伸供伸掘砲砲魯愁吋奪箸付けられています。

CG−ROMは2716、M−ROMは2732です。

目を凝らしてパターンを追っていきました。MZ−1200と違うところを多数発見しました。MZ−1200になって基板の見直しをしただけでしょうか。

あっそうそうプリント基板をプリント基盤と書くのはやめましょう。間違ってます。IMEが悪いんですかね。


マニアックですなぁ(笑)

梅 さんのコメント
 (2002/06/15 17:02:24)

Super俺さんの登場でかなりディープになってきましたねぇ(笑)

この頃はハンドアセンブルは当たり前で、
機械(奇怪?)語でI/OポートをアクセスしてLED、モニタ、カセットデッキ(80B系)が動かした時などはプログラミングの醍醐味を感じました。

キャリーのBASEを使い始めた時は文明を感じたなァ(爆)


うちの2000のスペック

Cな さんのコメント
 (2002/06/17 05:49:00 -
E-Mail)

いやぁ、随分と懐かしい話の数々。とてもたのしいです!

うちにあるMZ2000は、2200用I/Oボックスをつけて、
FD、QD、プリンターは1F07。
OSは、もうSWORDしかつかっていません。

大学時代には、SWORDのSLANGという言語でテトリス(暫定版)をつくってました。
個人的には、FORCEという言語が好きでしたが、あれば実用には向きませんね。

一時期5500を持っていて、PASCALを勉強しました。が、じゃまになって捨ててしまいました。
今700&ディスプレイが寝ています。

これからもたまにのぞきに来ますね。


Oh!石 さんのコメント
 (2002/06/17 23:18:32)

> MZ−80Aの基板写真の大きいのがあるのがわかりました。

私も確認しました。ここは確かに大きなのがあるんです。
久々に見てみましたが、増えてますね。
# 関係ないはずのもあるようだが。

基板はそれなりに時間が経てばバグ取りとか見直しをする
ものなので、違いがあるのは仕方ないと思います。
ただ、CRTCが違うのが意外でしたね。MB14048を見ても
何をするものかさっぱりですが、もしかしたら海外向けの
MZ-80BにはMB14099が載っているのかもしれません。

> あっそうそうプリント基板をプリント基盤と書くのはやめましょう。間違ってます。IMEが悪いんですかね。

私は書いてないつもりだが…(笑)
IMEはデフォルトでは「基盤」が第一候補に挙がる上に、
「基」の文字は合ってるので間違いに気づきにくいですね。


Oh!石 さんのコメント
 (2002/06/17 23:28:54)

>34ピンの信号が載っていました。僕のと殆ど同じですが、上段の左から
(略)
>と僕の覚書に書いてありました。
>これは僕の勘違いでしょうか。

合ってますよ?
ビットの並びは同じだし、このデータバスはカラーアトリビュート
メモリに書き込むためのものなので、すなわちCPUのデータバスですよね。単に導通チェックとかそういうのでIC番号が
違ったりしてるだけなんじゃないでしょうか。

> それにしても綺麗なMZ−1200です。鏝を入れるのはもったいないと思います。

まぁ確かにきれいです…。
そう言われると決心が鈍るなぁ(^_^;)


Super俺 さんのコメント
 (2002/06/18 19:04:54)

梅さん、Cなさん初めまして。

>キャリーのBASEを使い始めた時は文明を感じたなァ(爆)

持ってませんでした。ベーシックみたいなアセンブラでしたっけ?

>うちにあるMZ2000は、2200用I/Oボックスをつけて、
FD、QD、プリンターは1F07。

僕はMZ−2200を持っているのですが。ソフトが全くありません。ベーシックさえも無いので起動もできません。ちょっと悲しい。

>大学時代には、SWORDのSLANGという言語でテトリス(暫定版)をつくってました。

SWORDと言えばTL/1。GAME言語を作った大西氏の名作。このTL/1が特に好きでした。

>個人的には、FORCEという言語が好きでしたが、あれば実用には向きませんね。

MZにはTinyFORTH「FAST」がありましたね。
MZにはコンパイラ言語が多いようです。

>MZ-80BにはMB14099が載っているのかもしれません。

MZ−80Bの回路図には品番はありませんね。

以下は覚書にならないメモです。参考程度にして下さい。間違っている可能性があります。
MZ−1200の80桁改造です。
LS165のCK(2ピン)とMB14048の16M(22ピン)に外部から16MHzを入れます。
もしくは8MHzのクリスタルを16MHzに変更し、MB14048の16M(22ピン)を発振回路のバッファーであるLS04に接続。(こっちが楽)。
MB14048のCH80(16ピン)はプルアップ。
MB14298の1M(21ピン)は無接続に変更。
MB14048の8M(20ピン)はMB14298の8M(20ピン)へ接続。
ここはNOTで接続するのが正しいかも知れません。
MB14298の2M(19ピン)からLS165のC/Lへ接続されているタイミング回路の1Mへ接続。
なお、基本的にパターンカットしてから接続するので回路図を良く見て確認してからやらないと壊れる可能性大です。
それとこれでは常時80桁で全く実用性がありませんので適当なアドレスで40/80の切り替えが出来る様にして下さい。
その場合LS165のCK(2ピン)はMB14048のCK(26ピン)を使用すると簡単になる様です。

>私は書いてないつもりだが…(笑)

そうです。誤解を招く表現でした。他のサイトでの発言でそのような記述があったので、ここではそう書いて欲しくないという意味でした。
基盤と書かれると、
「ばかにするねぇ。あんなものと一緒にするなぁ。基板と言う字にどれだけの思いがあると思ってんだ。」
となります。

>合ってますよ?

そうですか。MZ−1200の回路図とI/Oに載っていたカラーGAL5の結線図からそう思い込んでいたようです。
僕の勘違いでした。深くお詫びします。

>まぁ確かにきれいです…。

僕のMZ−1200はパターンカットでキタナクなってしまっています。

「MZ強化実験教室」なんてハードからソフトまでのスレッドがあるといいです。
そうなると
「俺のMZはスカイラインGT−R、羊の皮を被った狼。一味違うぜ。」
なんてことを語れるかも?、知れません。
でも、スレッドを構成するだけのネタがない・・・。

大抵のMZは回路図とモニターのアセンブラリストとZ80の命令表が付属してきます。
あとモニターサブルーチンの使い方など。
その中でMZ80BのマニュアルはZ80CPUとZ80PIOの解説に70ページもの分量があります。
端子解説からタイミング、命令に至っていて貴重な一品です(たぶん)。
MZはユーザーに開かれたパソコンって気がします。

シャープは他のメーカーにマシンを作っていました。(という記事を読んだ記憶がある)
例えばバンダイのRX−78ガンダムとか。
搭載BS−BASICはS−BASIC互換品でした。
となるとこれはMZシリーズに入る・・・はずはないな。
セガのSC−3000も互換性はありますが、こっちはマイテック製。

シャープと言えばハドソンソフト。
ハドソンソフトと言えばHuBASIC。
HuBASICはMZとX1にありますが、コムテックのワンボード16ビットコンピュータキットBC−1688にMicro−HuBASIC88が搭載されていました。
当然16ビット版です。でも整数型。
MZ−2000/2200の16ビットキットに移植できるか?
しかし、誰が持っているのやら。


MZ−80復刻版

MZ大好き さんのコメント
 (2002/06/23 20:27:19)

MZ-80復刻版なんて出来ないだろうか?

TTL ICで出来ているんだから、回路的には復活させるのは
困難ではないし、ソフトも持ってはいるんだが....

一番問題なのはシャープだなぁ。 復刻版作るから
許可くれって言ってもダメだろうし。

金額的に、いくらだったら皆さん払います?
私、20万円なら払いますけど (^_^;)


Super俺 さんのコメント
 (2002/06/29 22:04:50 -
E-Mail)

僕は金が無いので、中古を探します。

ただ、ポケコンくらい小さくて液晶ディスプレイを付けてくれれば・・・いいなとか思ってます。

当然、電源は電池で長時間動くのがいいね。


MZ-80復刻版

MZ大好き さんのコメント
 (2002/07/05 21:42:14)

そうですねぇ、縮小版があれば面白いですね。 で、
テープデッキはマイクロカセット! 


せっかくだから

ササイ さんのコメント
 (2002/07/05 22:44:08)

DATとか。

MZ-80K/C相当のマシンは、今の技術だったらワンチップで
全部収まりますよね。

ディスプレイも320×200でいいわけですから、ゲームボーイカラーくらいの
サイズで作れるはず。
まぁ既存の部品だけで作ったとしたら、どれくらいの大きさで出来るかなぁ。

とはいえ、MZエミュレータを積んだVAIO Uより大きかったら全然
意味がない(笑)


DAT!

MZ大好き さんのコメント
 (2002/07/06 07:24:36)

DAT! 凄い構想ですね。 MZ-80の細々とした数十
キロバイトのソフトが何本入るでしょうか (笑)

サイズ的には小さくても良いんですが、「プラモデル」
みたいのは嫌っす。 やはり小さいながら、重くなくては。

でも、やっぱりオリジナルサイズのが欲しいです。


Silnclair QL

Super俺 さんのコメント
 (2002/07/06 14:28:17)

小さいのもいいけど、大きくして外部ディスプレイをつなぐなら、こんな形がいい。

僕の欲しかったマシン。
右側2基のマイクロドライブをDATにかえるといいかも。

http://www.nvg.ntnu.no/sinclair/computers/ql/images/sinclair-ql-large_jpg.jpg


おしゃれですね

MZ大好き さんのコメント
 (2002/07/06 17:36:40)

シンクレアのPC、オシャレですね。 確かに、
これの横にCRT置くのも良いかも。

で、画面に SP-5030 とか 出ているんですね。

カッコ良い。



(T.T) SB-5520を探しています。 誰かお持ちでは
    ないでしょうか? う〜、MZ-80Bがぁ!
    ノータリン状態。


それは難しい。

Super俺 さんのコメント
 (2002/07/06 23:39:33)

残念ながらここで探しても手に入らないと思います。
だって、手持ちのBASICを手放したら起動できなくなってしまいますから。
それにコピーはご法度だし。

複数所持してる人がいれば入手は可能でしょう。
でも、そんな人はあまりいないような気がします。

ここはMZの部屋ですがX1turbo(Z)関係の純正システムディスクなら数十部持っています。
みんな同じ物ばかりです。

オークションって手もありますが、たいてい本体がついてきて置き場に困ってしまいます。

僕もMZ−2000/2200のBASICがなくて困ってるんです。


QL

ササイ さんのコメント
 (2002/07/07 00:37:03)

個人的にはスペクトラムのほうが好きだったりしますが。

MZも、小さければいいというもんじゃないというのでしたら、
平べったいのはどうでしょう。
5インチの液晶モニタからポップアップでキーボードが!
ファイルの保存はMDで!(もちろん音声で記録)


スペクトラムもいいね。

Super俺 さんのコメント
 (2002/07/07 01:40:31)

ポップアップキーボード、IBMのバタフライみたいの?
いいんじゃない。
じゃ、ペンコンピュータみたいなのはどう?

QLはおもちゃみたいでしたかな。
でもあれ大きいんだよ。


そうですよねぇ

MZ大好き さんのコメント
 (2002/07/07 09:39:00)

コピーは御法度ですもんね (ノヘ;)シクシク.. MZ-2000のだったら何とかなるんですが、80Bってマイナーな機種なんですかね? まぁ、あきらめてMZ-80Bは飾っておきます。


困ったね。

Super俺 さんのコメント
 (2002/07/07 21:44:52)

X68kの時みたくシステム関係のプログラムを公開してくれないかな。
やっぱ、運動を起こせばいいのかな。署名する?

MZ−80Bはそれほどマイナーではなかったと思います。


そうですね

MZ大好き さんのコメント
 (2002/07/08 16:18:54)

別にコピーして儲けるとか、儲かると言う次元の話しでは
ありませんから、BASICぐらいフリー化してもらえない
んでしょうかね? 署名なら、いくつでもしますよ、 (笑)

あ、ところでMZ-80BのBASICは譲渡してくれるっていう
人がいました。 よかった...... 粗大オブジェに
ならなくて.... 問題はカセットデッキです。 ヘッドが
死んでいたりして。 


話を戻してしまいますが

Saiey さんのコメント
 (2002/07/08 20:30:46)

MZ復刻版。
PC上のエミュレータと差別化を図るとしたら、どんなことが考えられますか?


ササイ さんのコメント
 (2002/07/10 15:20:19)

>ポップアップキーボード、IBMのバタフライみたいの?
>いいんじゃない。

いや、どっちかというと、ザウルスみたいに、下から「ジャキーン!」って
出てくるようなのを想定してました。
そ・そうか!ザウルス部隊に作ってもらえれば…
ペンの使いどころがないけど。
セーブ/ロードはSDカードにMP3音声で記録する(技術の無駄遣い)


梅 さんのコメント
 (2002/07/10 18:28:43)

ナノテクでパンチカードを復活!!(笑)

http://www.zdnet.co.jp/news/0206/11/xert_ibm.html


MZ80C復活ぅ?

ぶぅぶぅ さんのコメント
 (2002/10/23 00:31:01)

2002/10/22のシャープの液晶技術の応用というか、ガラス基板にCPUを焼き付けたのを、なんとMZ80Cに乗っけてデモってましたねぇ。今でも、シャープさん持ってたんだ。
映像は
http://www.tbs.co.jp/asx/news638569_7.asx
よく生きてたねMZ君


訂正

ぶぅぶぅ さんのコメント
 (2002/10/23 00:41:57)

アドレスは下記にて変更してちょ
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline638569.html


コメントする


なまえメール
WWW
タイトル
コメント
参考
リンク
ページ名
URL


[HOME] [TOP] [HELP] [FIND]

Mie-BBS v2.14 by Saiey